東大門・国立中央医療院

東大門(トンデムン)市場のある場所に、ここだけヨーロッパっぽいなといいますか、素敵オーラを放つレンガ壁の建物があってずっと気になっていました。東大門ファッションビルや市場の喧騒の中に、ぱっとあらわれる余裕ある空間。

 

P3045934

 

国立中央医療院という病院の一部で、現在は診療支援部が入り、そのすぐ横の赤レンガの建物は病院別館となっています。

 

13522599332348
 

写真はこちらより。病院の敷地内に、かつて「スカンジナビアンクラブ」というビュッフェスタイルのレストランがありました。韓国初のビュッフェスタイルレストランとして大変人気があったといいます。時代と客層に合わせ内容も変化し、スカンジナビア料理(お魚メインの)メニューのほかにもいろいろ出てファミリーに人気と聞き、行こうと思っているうちにいつのまにかなくなってしまいました。このレストランについて書かれている日本語ブログがありまして、料理の内容を知ることができます。

 

P3045940

 

現在は「NMCガーデン」というフードコートになっており、イタリア料理の「IL MARE」やベーカリーショップ「Tous les jours」など5店舗が入店しています。私はそこで簡単にビビンバを食べて出ました。「スカンジナビアンクラブ」は、明洞のロイヤルホテルのビュッフェレストランに吸収されたとのこと。

 

P3045936

 

この並び、好きだなあ。中はどうなっているのでしょう。設計したのは誰で、1958年以降、ここに派遣されてきた北欧の人たちはどこでどんな暮らしをしていたのでしょう。

 


P3045942

暖かくなって、ツタや周りの木々が青々と茂る頃、また来てみたいなと思います。

 



 
 


2 Comments
  1. 雰囲気ありますねー。
    東大門の喧騒の片隅にこんな空間が残っていたとは。ソウルもまだまだ見るべきところが目白押し。また素敵なところをご紹介ください。

    • >ありりんさん

      そうなんです。東大門市場のファッションビルの裏にある感じです。
      広い庭と建物で雰囲気よいです。フードコートのチェーン店パン屋さんも結構素敵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です