礼山・礼山聖堂

忠清南道(チュンチョンナムド)、礼山(イェサン)の小高い丘の上に建つ聖堂を簡単に紹介します。
ゴシック様式教会建築、両サイドのフリルのような模様がかわいいですね。

 

20150219_114449

 

1933年に竣工、1934年に完工しました。韓国人神父が建てた聖堂で、保存状態がよいため歴史的価値が高いとされています。

 

20150219_114746
赤と灰色のレンガの組み合わせが美しく、シンプルなステンドグラスも味があります。中国人労働者がレンガを並べていったのでしょう。

(驚いたのですが、資料を見ると礼山の日本人町の西側に韓人居住エリアと中国人居住エリアとある写真がありました)

 

20150219_114601

 

午後2時頃。旧正月の日に行きましたが、2、3人のシスター以外人はいませんでした。

 

20150219_115130

 

修理に出しているカメラが早く手元に来てほしいと思う瞬間。画面に入らないもどかしさ。

 

20150219_114703
20150219_114550

 

ステンドグラスばかりですね(笑)

ちなみに聖堂の前は大きな大きな空き地がありました。そこに礼山郡庁の新庁舎が建てられるのだそうです。静かな教会の前に現代的な建物ができるかと思うと少々興ざめです。


 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です