長興・岐陽里日本家屋など

汭陽里(エヤンニ)日本家屋の金さんが、岐陽里(キヤンニ)日本家屋の案内してくださいました。資料によれば建物は個人病院として使われていたそうです。2004年12月に岐陽里(キヤンニ)48番地日本家屋として登録文化財第131号に指定されました。モルタル壁がいいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

日本で医学の勉強をして帰国したパク・ヘンジン氏が個人病院を開業、日本風にとこの家を建てたそうです。彼の二男であるパク・ジェイ氏が跡を継ぎ、二男のお嫁さんと一緒に経営していましたが、パク・ジェイ氏がなくなると二男のお嫁さんはソウルへ行き医院は廃業。その後は長男のお嫁さんがこの家に彼女の息子らと住み、診察室部分は賃貸で他の人が住んでいました。

登録文化財指定後は修理費をめぐってごたごたがあり、現在借りて住んでいる人はいないそうです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

上の写真とちょっと違うのは、男性、女性二人組が敷地内にいるということ。彼らは登録文化財を見に来たのでしょう。この家は一般開放されておらず、そして人が住んでいる気配がありません。入ろうと思えば容易に入れるので金さんが入っちゃおうか?とおっしゃいましたが、一応遠慮しました(汗)

 

20150802_132032

 

すぐ隣には立派なお屋敷。金さんのお話によればもともとは大変立派な韓屋があったそうですが、大門(こちらもきれいになっています)を残して建て替えたとのこと。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ここは幼い頃仲良くしていた友達の家です。日本統治時代は旅館だったと聞いたことがあります。」

 

20150802_132637

 

確かに旅館ぽいかも!なんて。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

ピンク色の派手な建物。韓食ビュッフェ5,500ウォンと大きな看板が。
「ここは銀行でした。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コーラテックチャン(年齢層高めのディスコ?)とありますが、建物からただものではないオーラが。しかも営業していないっぽい。農協のマークも見えるので関連機関が入っていたのでしょう。
「ここは劇場だったんですよ。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

サイドに回るとなかなかこだわりのある装飾が目に入りました。群山(グンサン)の旧朝鮮銀行群山支店もナイトクラブの看板があって朽ち果て荒れるにまかせていましたが、きれいに生まれ変わりました。こちらの建物は人々から忘れられてそのまま荒れていくのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも金さんのお友達が住んでいたそうです。

20150802_132808

長興橋(チャンフンギョ)という橋の近くにあるロータリー。正南津(チョンナムジン)長興土曜市場側にあり、ここに昔長興市外バスターミナルがあったそうです(現在は川を渡った向こう側)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
20150802_134408

長興はキジョゲ(タイラギ)と呼ばれる大きな貝が特産物。韓牛、しいたけ、キジョゲを一緒に食べる三合(サマッ)という料理が有名です。

ロータリーで金さんと握手を交わして別れました。短い時間だったけれど、これが旅なんだなあと。
そして8月の記憶の整理は、紅葉の11月になってようやく終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です