康津・市場周辺

全羅南道(チョルラプット)の康津(カンジン)と縁があって何回か行っています。康津は、内陸にありながら陸地の奥深くまで入り込んだ康津湾があり、地図で見ると人間のようなかたちをしています。

ソウルからは高速ターミナルから高速バスで約4時間30分。列車で行く場合は、近くの羅州(ナジュ)か光州(クァンジュ)に行って、そこからバスで1時間10~1時間40分かかります。

康津市場の近くに五感通(オガムトン)という文化複合施設があるのですが、今回訪れたこの日はイム・グォンテク監督の映画「風の丘を越えて/西便制(1993年)」で主役を演じた呉貞孩(オ・ジョンヘ)の公演がありました。彼女の歌を生で聴けるなんて。

 

 

夜7時半をすぎても空は明るく、彼女の力強い歌声が響く中市場周辺を散策しました。古い建物があちこちにあり短いながらも楽しい散歩の時間となりました。ここに写真をアップしておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい鳥たちがちょこんと止まったデザイン。

 

 

フォントがかわいくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの時代の建物だろう。面白いリノベーションの仕方だなあ。

瓦や壁や建物の佇まいを見ながら想像して地方都市の旧繁華街を歩く。

なぜあんなにも楽しいのでしょう。

しかも呉貞孩の歌声が響いてる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です