聖公会ソウル聖堂

聖公会ソウル聖堂は徳寿宮付近、英国大使館の隣りにあるキリスト教会です。聖公会は英国国教会のことで16世紀の宗教改革の時に英国でローマ教会から分離した宗派の一つ。江華島を経由して1890年から済物浦(チェムルポ、現在の仁川)を中心に宣教活動を始め、ソウルではこの地が宣教中心になりました。建物は1922年に着工、1926年に竣工しました。設計者はイギリス人アーサー・ディクスン(Arthur Dixon)で、建築募金額の不足により予定の約50%に縮小された一の字型に建立されたといいます。

 



建物は長い十字架型(ラテンクロスと言うのだそう)、ロマネスク様式を基調に韓国の伝統様式のデザインもミックスされた、御影石と赤レンガの外壁が美しい建物です。ロマネスク様式は中世ヨーロッパの宗教建築様式で、厚い石壁に小さな窓、半円アーチが主な特徴。ちなみに韓国国内ではこの建物が唯一のロマネスク様式建築です。

一の字型から設計通りの十字型に増築されるまで70年もの月日が流れました。1993年に大韓聖公会管区が設立され、初代管長が「ソウル主教座聖堂」の完工をめざす建築運動を推進しますが、当時の文化財委員会の反対を受けてしまいます。そんなある日、偶然ミサに来ていたあるイギリス人観光客がイギリスの田舎にある図書館で聖堂の設計図を見たと発言。本来の設計図が見つかったことで増築は現実のものとなり、ソウル市から許可を受けて1996年に完工したというエピソードがあります。

 



訪れたこの日、ミサが行われる聖堂に入るとユリ(と金魚草かな?)の匂いでいっぱいでした。ユリは純潔のシンボルでキリスト教では聖母を象徴する花だそうです。奥にはキリストのモザイクの祭壇聖画が黄金色に輝き、ステンドグラスを通した様々な色の光が聖堂内にさして美しいの一言。モザイクはイギリス人のジョージ・ジャックという人が11年もの月日をかけて完成させたとも言われています。

 



 

 



 

 



 

 



 

2階にはパイプオルガンが。音楽会も開かれるそうです。パイプオルガンの演奏聞いていみたいですね。

 



 

 



鐘塔(鐘をつるした塔)へと続く階段。下は地下聖堂へと続いています。

 



「青春男女、100年前の世界を歩く」という韓国国内に残る近代建築について書かれた本があります(私は著者チェ・イェソンさんの大ファンです)。この聖公会聖堂の倉庫で古い婚配聖事帳(聖堂で結婚式を挙げた夫婦の婚姻を証明するための記録帳)を友人が見る機会があり、一番最初のページに書かれた夫婦が50代のヨーロッパ出身の男性と20代の日本人女性の名前だったのでとても驚いたという記述があります。
その記録物は済物浦聖堂で使われていたもので、二人の名前はトーマスとユキ。1899年3月に済物浦聖堂で式を挙げたと記録が残っているそうです。ユキさん、一体どんな人生を朝鮮の地で過ごしたのか…うーん、とっても気になります!イェソンさんも一生懸命調べたそうですがわからずじまいだそう。地下の倉庫はいつでも入れるのかは、すみませんノーチェックですが、機会があればその記録物をこの目で見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です