忠正路・旧豊田アパート

地下鉄2号線忠正路(チュンジョンノ)9番出口を出てすぐのところにある、パッと見ると緑一色の古い雑居ビルという印象の忠正(チュンジョン)アパート。韓国に現存する最古の近代式アパートと言われています。
P2284256

旧豊田アパート(1930) 場所はこちら

20130425_101654

忠正路のアパートは、建築士豊田種雄が建てたので豊田アパートとも呼ばれています。4階建てで15坪から35坪タイプの部屋が52ありました。(写真は5階部分増築後の図)
建てられた当時は、乙支路(ウルチロ)の半島ホテル(現在の明洞ロッテホテルにあったホテル)と肩を並べるほど話題になったといいます。
時が流れ、ある時はホテルとして、飲食店の集まる雑居ビルとして、またある時は引揚者が不法に住み着く場所として…建物の持ち主が次々と変わり、5階部分が増築されたり、1979年には都市計画のために建物の半分が壊されました。

P1200389

中庭は1階までよく光が届くようになっています。そこにどーんとそびえる煙突のような物体。煙突??給水塔?よくわからない…

P1200393

各階から生活音が聞こえてきます。1階のある部屋からは花札で盛り上がるハルモニたちの声とテレビの声。

P1200397

廊下部分には植木鉢がいっぱい並べてあります。

P2284255

確かアパートの近くだったかで畳屋さんを発見しました。
三國アパート

日本人土井誠一が設立した練炭販売会社の三國商会が建てたので、三國アパートと呼ばれました。三國商会は日本人従業員のための社宅として、まず最初に南大門エリアの会賢洞(フェヒョンドン)、その次に忠正路、1935年に内資洞(ネジャドン)、厚岩洞(フアムドン)にアパートを建てました。

mikuniapt3 mikuniapt2
会賢洞三國アパート 厚岩洞三國アパート
会賢洞三國アパートは、同潤会アパートの平面図をそのまま導入して作られたそうですよ。3階建て、1フロアに18坪で2戸、計6戸。1戸に6畳・8畳の畳部屋があり、スチーム暖房を設置、水道・電気OK。屋上には洗濯場が設けられました。畳部屋でもぽかぽかしていたのでしょうか、気になります。

なお、会賢洞三國アパートは外観は変わっているものの、現存していることがわかりました。こちら
(2019.10追記)

mikuniapt1

写真は内資洞三國アパート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です