済州島・翰林文化遺産巡りその1


済州島西部の翰林(ハルリム)エリアは、透き通ったエメラルドの海の挟才海水浴場や、翰林公園のあることで知られるところ。ですが、2018年夏、友人と二人で翰林の町を汗だくになりながら(?)コーヒー休憩をはさんで4時間歩きました。







済州島に来る時は、いつもこれといった計画は立てません。さて明日は何をしようかとなんとなくサイトをいろいろと見ていて、たまたま翰林派出所の近くに統治時代の建物がいくつか残っているとわかりました。
こちらのサイトの町歩きを参考にして回ることにしました。
なお、それぞれの文化遺産については、こちらのサイトに大変お世話になりました。
派出所に到着してまずはトイレへ(笑)古い建物を見て回っているというと、警官の方々は興味を持ってくださり、すぐそこにあるよ、と親切に教えてくれました。
派出所のすぐ裏にありました。一つ目はこちら、なんの建物なのかわからないのですが見た目が昔っぽいなと。







後ろはトタン屋根の大きな工場?のような外観でした。ティファニー舞踏学院(ダンススクールですね)とあります、今も営業しているのでしょうか。







こちらは文(ムン)さんという人の写真館だったという建物。看板建築?と言ってもよいのでしょうか??写真向かって左側に車が見えますね、駐車場になっています。この駐車場に映画館があったそうです。










毎日市場の一部、この建物は1940年代に建てられたもので、幅24メートル、奥行きは12メートルだそうです。







中に入るとだいぶ雑然とした様子







よりによって黄色のスクールバスが、残念!1930年代築、1970年代まで翰林旅館として使われていました。資料によれば現在翰林里唯一の二階建て木造建築とのこと。屋根と窓枠は改修されているものの原型をとどめています。













朝鮮王朝時代からあると言われるコドムル。共同水場です。このあたりはモサルトンネ(沙洞、モサルは砂を意味するモレの済州島方言、砂町という意味)と呼ばれているのですが、ハルマンムル、チルゲ、ソルベギと呼ばれる泉が湧いていたそうです。現在は翰林里はこのコドムル唯一残るのみで、女性専用です。







サウナでよく着るような上下のセットが干してありました。三人のおばあさんとおばちゃんがこのサウナ着姿で、洗濯物を踏みながら話をしていました。写真撮影の許可ももらいつつ聞いてみると、そこにあるのを着て沐浴するんだよと(聞き間違えたらすみません)。洗濯終わったら水の中入るんだよ、冷たくて気持ちがいいよ〜あんたも入ってみたら!と声をかけてくれました。







水は澄んでいてとてもきれいでした。ちなみに2006年に整備されて現在の姿になったとのこと。ちなみにコドムルという名前の泉はお隣の里(咸徳里)にもあるそうです。済州島の生活文化を直に触れることができて、短かったけれども貴重な時間を過ごしました。

2 Comments

  1. 대전
    2019-02-01

    안녕하세요 오랜만에 다시 들려봤습니다.
    예전에 댓글 남겼던 한국 대전 사는 사람입니다.
    작성하신 글들 흥미롭게 잘 읽었습니다.
    제가 사는 동네에 멀지 않은곳에 저의 고향인 회덕 읍내동이라는곳이 있습니다.
    이 동네에 일제시대에 만들어진 굴다리 8개가 있습니다.
    가장 오래된곳은 100년이 넘었고
    철로 밑에 제조 명판이 남아있는것은 쇼와 11년이라고 되어있네요
    https://blog.naver.com/hiho_hide/221455092335
    제 블로그입니다. 동네 답사와 터널 사진이 있습니다.
    혹시라도 대전에 들리실일이 있으시다면
    이곳에 방문해보시는것도 좋으실거 같아 추천 해드립니다.
    여러가지로 실례가 많았습니다 감사합니다

    返信
    1. liumeiuru
      2019-02-02

      안녕하세요.댓글 감사합니다.
      블로그 잘 봤습니다.
      저는 즉약터널만 가봤어요.회덕도 꼭 가봐야겠습니다.
      좋은 정보 감사합니다!!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です