Travelogues:ソウル駅物語

旧ソウル駅舎(どうも文化ステーション284と言い慣れず…)にて、2012年4月2日(火)〜6月15日(金)「古い未来―文化ステーション284開館展」が開かれました。 旧ソウル駅から見た韓国の近現代の日常というのはどんなものだったのかいろいろな角度から考えてみましょうということで、企画展、常設展、特別プログラムから構成され、 約80人の文化人の作品展示や講演、パフォーマンス、ライブなどが行われました。企画展のうちの一つは、韓国を代表する建築家の一人金寿根(キム・スグン)の設計建物のミニチュア展示でなかなかよかったです。

 

 

1階の展示を軽く見た後2階へ。展示室はダンボールの仕切りで迷路のようになっていました。入口に企画展「Travelogues:Storytelling of Seoul Station」とあり、旅行をテーマに旧ソウル駅の歴史を振り返るという展示内容になっていました。ソウル文化ステーションの所蔵品を一部公開という形でしょうか。観光地図やパンフレット、写真、物品に分かれていました。

  Travelogue:Storytelling of Seoul Station2  

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 3

  2階の大食堂で使われていた食器。当時洋食が食べられるレストランは珍しかったのでは?  

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 4

 

預り荷物につけていた観光ホテルのタグ。ウェスティン朝鮮ホテルの場所にあった朝鮮ホテルと、釜山の東莱温泉にあった東莱館です。東莱温泉は統治時代に開拓された温泉街で、現在は巨大温泉施設「虚心庁」が観光地として有名です。

 

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 5

 

お弁当の 掛け紙です。左は「精養軒」と見えますがあの精養軒とは関係はなさそうです。吉州とあり現在の北朝鮮に位置し、梨とりんごが産地のようです。中央は大田駅「菊水」とあり温泉マークが見えます。儒城(ユソン)温泉ですね。右は「龍山(ヨンサン)駅正面 日の本旅館」と見えます。背景の建物は何か気になります。

 

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 11

  鉄道に詳しくないので、これ、名前なんというのかわからないのですが…、汽車灯ということにしておきましょう!これでも一応検索かけてみたのですが(汗)。   Travelogue:Storytelling of Seoul Station 13   おそらくこのテーブルも年季が入っているので、ソウル駅で実際使われていた何かだと思います。ゴムマットには「RAIL TRANSPORTATION OFFICE SEOUL」とあります。   Travelogue:Storytelling of Seoul Station 7 とてもきれいな色使いの京城案内図。1942年のものです。  

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 7

 

タシロ食堂の汽車時刻表です。食堂のメニューも書いてあります。京城駅の近くにあったのでしょうか。

 

Travelogue:Storytelling of Seoul Station 9

 

ダンボール迷路の出口には「三重旅館」の看板が。これはどこにあったのでしょう?駅の中?気になります。三重旅館に関して「昭和十四年度 大陸旅行ニ関スル書類」という資料を見つけました。奈良女子高等師範学校の修学旅行で、手配は南満洲鉄道株式会社大阪鮮満案内所。そこに『9月3日(日)11:20平壌駅発 20:30京城駅着 三重旅館宿泊。「設備などはあまりよろしからず」。』とありました(笑)。三重旅館のスタンプがこちらに。そしてこんな建物だったというのが印刷物からわかります。

    Travelogue:Storytelling of Seoul Station 14

別の部屋にはソウル駅舎の建築部品をランダムにおいたアート作品の展示がありました。モナリザはきっとまあ何か深い意味があってのことでしょう。貴重なものをたくさん見て満足でしたが、週末だというのにそのとき展示を見ていたのはほんの数人。静かでいいと言えばいいのですが、もったいないなと思うのは私だけでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です