いい古アパートを少々

古い集合住宅が好みの方も多いと思います。私もそうです。日本では団地萌え本も出ていますよね、団地をめでる住宅都市整理公団なるサイトもあって、お世話になっています。

韓国にもいいの、結構あります。そんな建物を見て楽しみ、素敵な写真をブログで公開している方も多く、大変参考になります。日本語サイトですと、こちらにも特集が。
ところで韓国ではマンションのような集合住宅のことを、アパートと呼びます。そもそもどんな建物をマンションと呼ぶのかその定義、実はよくわかりませんが拙ブログではマンションとは言わず、アパートと表現しますのでご了承のほどを。

まずは最近見に行ったアパート、地下鉄2号線九老デジタル団地駅近くの江南(カンナム)アパートです。駅のホームからも見えます。江南というネーミングが素敵ですが、災難危険施設D級(最悪はE級)に指定されています。
1974年5月に建てられました。ううっ、私と同学年ではないですか!
1995年から再開発の声が上がるも住民の反対で手つかず状態。予定では今年中に撤去、2016年には35階建ての高層アパートが建つはずが、まだ立ち退き条件に納得しない200世帯近くが残っているため計画が進まない状況です。

 

P2184235

 

ずらーっと一列に並ぶアパート、大好きな絵です。色も昭和の団地っぽいですね、親しみを覚えます。

 

P2184232

 

住民たちは、カメラに対してかなり敏感になっています。そっと、あくまでもそっと。

 

P1220420
 
イ・ヨンエ主演「親切なクムジャさん(2005)」や、ハ・ジョンウ主演「追撃者(2008)」などの映画にも登場する会賢第二示範アパート。1970年、ソウルの住宅不足解消を目的に建てられた市営団地です。ソウル南大門近く地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅から南山タワー方面へと向かう急な坂をのぼっていくと、山の中腹にドカーンと建っていて驚かされます。ソウル市内にある古アパートを代表する物件です。
弘大(ホンデ)エリアで雨乃日珈琲店を営み、ライターとしても活躍している清水氏がまるでガンダムのようと表現。なるほど、納得です。

 

 

P4091075

外国人の多い街梨泰院(イテウォン)エリア、地下鉄6号線緑莎坪(ノッサピョン)駅から南山3号トンネルへと向かう途中にある、龍山洞(ヨンサンドン)アパート。ピンク×チョコレートがなんだかお菓子チックでかわいい物件です。こちらも確か1970年代に建てられたものだと思います。
すぐ近くにある解放村、おすすめです。

 

P3160856

 

地下鉄6号線孝昌(ヒョチャン)公園駅から孝昌公園へと向かう途中にある孝昌マンションです。ヒョチャンメンション、と壁にかいてあります。基本的な団地カラーで地味ではありますが、フリルのような非常らせん階段がアクセントになっています。これも確か1970年代後半に建てられた物件。

 

P1214056

 

国鉄清涼里駅すぐ近くの物件、この水色のようなミントグリーンのような色に塗られた建物、韓国では本当に多いです。

 

c0021964_1404338

 

こうした古いアパートをモチーフに、アート活動をしている作家が1971年生まれのチョン・ジェホ氏。作品は彼のブログで見ることができます(韓国語ですが、右側のギャラリー等をクリックすれば出てきます)。『大韓民国アパート発掘史』という韓国のアパートの歴史についての本があるのですが、その表紙も彼の作品です。

 

0419

 

この本に出てくるアパートのうち、すでに撤去されてないものも多くあります。再開発でつぎつぎと消える古アパート、いい物件があったら少しずつでも紹介できたらなと思います。このアパート見てみたい、場所を知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ…

   

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です