西大門・西小門アパート

地下鉄5号線西大門駅の7番出口を出て道なりにすすむと…

 

P2184207

西小門アパート(1970) 場所はこちら

警察庁をはじめ大きなビジネスビルに囲まれた古いアパートは、道路に沿ってゆるやかなカーブを描いているのが大きな特徴。建物の長さは115メートルです。カーブの感じと、建物のボリューム感をカメラに収める楽しみがありますね。

ソウル駅と新村(シンチョン)駅を結ぶ線路の近くにあり、一階にはショップが入っていますが、客層が周辺ビルに勤務するビジネスマンであるため、営業していない店も多く週末は閑散としています。黄色とピンクの外観ポップな店は、DJ COOK。フュージョンスタイルのチャーハンや麺が食べられるようですが、週末はあいてません。残念。

 

P2184220

 

さまざまな大きさの窓が建物に軽快さをプラス。色もライトベージュ一色で見ていて心地よいですね。

 

seosomun

 

市内中心街に位置する 最新 高級西小門アパート 遂に分譲
破格的な 実費以下で6,70万ウォンほどあればマイホームが手に入る素晴らしいチャンス!

市庁や光化門まで徒歩5分以内、これはちょっと厳しいですが(笑)

ところで西大門の建築散歩とセットで行くのもよいかも、というおすすめスポットやお店をいくつかピックアップしますね。

■Orgafe 場所はこちら
日曜日は休みなのが残念、土曜日は未確認。
5番出口を出てすぐの農協ビルの1階にあります。農協が営業してるカフェで、オーガニックコーヒーや国産オーガニック野菜のサンドイッチが楽しめます。お値段もまあまあふつう。コーヒーとサンドイッチのモーニングセットが確か4,500ウォンだったかな?

 

E7CBDBB9-B13A-4CDB-8240-FF84475FE94B

 

■お米博物館 場所はこちら
農協の商売っ気まったくないショップのゆるゆる感がすばらしく、そしてゆるキャラの宝庫でかなり癒されます。米粉を使った製品の販売、併設カフェは五穀ラテ、さつまいもラテなどを用意。ラテは粉末をただお湯でといたとおぼしき味で値段相応。洋風トッポッキは、インスタントのレンチンですが、少量で食べやすく食感が独特で一度試す価値あり。個人的に好きなおみやげは、五穀シリアル(韓国オリジナルアニメキャラのポロロ)。子供がよく食べるので。詳しい情報はこちら

 

P2184206

 

■農協ハナロマート西大門店 場所はこちら
地下鉄駅直結で行けます。こんなところに生鮮品を扱うマートが、とちょっと驚きます。国産有機農小麦粉や米粉で作ったお菓子がかわいいのがあり、おやつに買うのもよし。自然食品も品ぞろえ豊富なので見てるだけでも楽しいです。

 

■ピョルランムルゴン博物館・ローリングボールミュージアム 場所はこちら
どうにもくだらなくて脱力笑いをさそうものがいっぱいのピョルランムルゴン博物館、そしてEテレの「ピタゴラスイッチ」などが好きなら、きっとツボであろうローリングボールミュージアム。入場料9,000ウォンが高いか安いかそれをジャッジするのはあなた。

 
seosomun4 seosomun3 seosomun2
 

■Le Pul(ルプル) 場所はこちら
市庁方面貞洞(チョンドン)キルになりますがフレンチカントリー風インテリアのおしゃれカフェ、ルプル。カロスキルの有名おしゃれカフェのオーナーが出した店らしいですね、サンドイッチが有名。キャロットケーキがボリューミー、しかもおいしい。おすすめです。ところでこの店近くの、おそらく築40年以上と推定される貞洞アパートが気になっています。

 

%B8%A3~1

(写真はOPENiNGSより。このサイトよかったんですけど終了してしまいました)

 

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です