忠正路・聖ヨセフアパート

中区(チュング)中林洞(チュンリムドン)に位置する聖ヨセフアパートは、地下鉄2号線4番出口から歩いてすぐの坂道に沿って建てられたアパートです。

 

P2284249

 

聖ヨセフアパート(1971) 場所はこちら

1階に店舗が入った階段状のアパートは、一応5階建て。全体がカーブを描いているのも大きな特徴です。すぐ近くには似たようなカーブを描いて建つ西小門アパートがあり、忠正路を一度訪れれば珍しいアパートをいっぺんに見られるのがうれしいところ。

 

P2284248
聖ヨセフ。アパートの名称からして宗教が関係するのかなと思われるのでは?
このアパートのすぐ近くには、薬峴聖堂(ヤッキョンソンダン)と呼ばれる教会があります。その教会が所有する土地に収益事業の一環として建てられ、初期入居者は周辺市場の商人が多かったそうです。

 

yakhyun1
 
ちなみに、薬峴聖堂は韓国で最初に作られたレンガ教会建築として有名で、1892年に完成。韓国初のゴシック・ロマネスク様式の折衷建物でもあります。教会の設計はコスト神父。現在明洞の再開発で何かと話題になっている明洞聖堂の設計を担当したことで有名な人です。

 

 

P1010476

 

教会はミサの時間以外は中に入れます。

yakhyun2

 

教会の裏には、朝鮮王朝時代の殉教と迫害の歴史を知ることができる西小門殉教者記念館があります。日本で出版された韓国初の韓仏辞書などの珍しい展示もあるので、アパート探訪の前後に行かれることをおすすめします。

 

yosef01
 

聖ヨセフアパートのチョンセ・分譲案内
1969年のカトリック新聞の広告より。

 


P2284245

 

建築の専門家は、階段状、しかもカーブを描いているという構造が大変珍しく、その上周辺環境との調和もうまく考えた韓国のアパート史に残る重要な建物なので保存すべきと意見しています。しかしアパートの近くは、再開発で大きな建物の工事でせわしない雰囲気。アパート住民は、土地の値段が上がることを期待して今か今かとその時を待っているのだそう。ある日突然消えてしまうのか、それとも補償に納得いかない住民が残って運動をするのか…気になるところです。

 

 

 

Share
2 Comments
  1. Hi, I am Korean living in Seoul. I am also interested in Korea’s modern architectures back in early 90’s. Your blog is a jewel for me to know the buildings still existing in Korea. Thanks for the updates and I really really enjoying your articles. Gammbarre!!

    • >Jiman
      Thank you for your visit to my blog and your comment.I will try to keep writing valuable articles!hhh.
      영어 잘 못 해서..한국어 가능하시겠죠??방문해주셔서 감사 드리고 앞으로도 잘 부탁 드립니다.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です