鉄原・旧鉄原市街地

鉄原(チョロン)は、江原道(カンウォンド)に位置する北朝鮮との軍事境界線に近い郡です。北朝鮮側にも同じ名前の行政区域があります。日本統治時代だった1914年にソウル(京城にある龍山駅)から現・北朝鮮の港湾都市元山(ウォンサン)を結ぶ京元線が走り、そして金剛山電気鉄道の発着駅があったため交通の要衝として大きく発展しました。また、鉄原平野は有数の穀倉地帯であるため、この時代に貯水池、上水道、製糸工場(鐘紡の工場があったそうです)、病院、学校なども計画的に作られました。

 

all31_379404_1[667355]

 

図はOhmynewsより。赤い点が北朝鮮労働党舎で、その前の通りが日本統治時代に目ぬきストリートでした。番号は1945年8月当時に残っていた建物です。このあたりは朝鮮戦争(1950~1953年)の激戦地だったため焦土化、現在は田畑が広がっています。民間人統制区域にあるので検問所を通って入るエリアとなっており、労働党舎と一部の建物やコンクリートの残骸が残っていて、なんとも痛々しい姿を見せています。日本統治時代かつてにぎわっていたことを知らせると同時に、朝鮮戦争の悲惨さを伝えるためにそれらは登録文化財に指定され保護されています。

 

P1030747
 
本当に一面畑が広がる田舎の一本道なので、かつての繁栄ぶりは夢だったのか?という感じです。あたりには何もありません。こんな感じです。バスの運転手さんからは、基本的にバスから降りての撮影はNG、車窓から撮ってとの指示がありました。ほかの方のブログを見ていると、けっこう降りて写真撮っているみたいです。写真右端に見えるのは第二金融組合建物跡(登録文化財第24号)は1936年に建てられたコンクリート建造物で、現在は強固な金庫室部分が残っています。
 

P1030756
 
車窓からその2。大きな鳥が木にいっぱいとまっています。最初白い花かと思うくらいたくさんいました。そしてこの木々の下は立ち入り禁止のロープが張られていて、「地雷 MINE」とかかれたプレートがかかっています。
 
P1030751
 


鉄原氷倉庫(登録文化財第24号)は、冬に切り出した氷を保存しておくためのコンクリート製の倉庫です。このあたりで商店を営んでいた日本人が、鉄原駅の裏にあった山明湖の氷を持ってきて保管するために作ったといわれています。かつて鉄原に住んでいた方が訪れたときの様子を レポートしたブログは大変参考になります。

 

P6294847

農産物検査所(登録文化財第25号)は、1936年に穀物検査所鉄原出張所として建てられたのが始まり。よくまるまる残ったなあとほめたいくらい状態が良好です。二階建て、外壁はモルタル仕上げ、上げ下げ窓がアクセントになっています。この建物はさっと撮ってさっとバスに戻っていいよ!と許しが出たので、さっと撮りましたよ。

 

P6294846

 

中央玄関ドアは真新しいものが入っています。 建物全体も少々きれいにしたのかなあと印象を受けました。きれいになる前のままのほうがいいかなとは個人的に思います。

 

P1030761

 

とうもろこし畑の手前に建物の基礎だけが見えます。

 

P1030758

 

かつては学校や病院、金融機関が並んでいた通り、想像もつきません。そしてすぐ近くには地雷が埋まっているかもという…

 

P6294879

 

こちら北朝鮮労働党舎(登録文化財第22号)の写真を最後に。1945年から50年にかけて北朝鮮が共産主義思想を植え付けるために住民統制を行ったとされる場所です。まあ拷問、虐殺とかですね。

 

P6294899

 

この日中には入れませんでした。建物の外壁だけが残っていてなんとも異様な雰囲気。朝鮮戦争の銃弾跡がこれでもか!とあります。

 

P6294897

 

P6294886

 

一度は見ておきたい、負の遺産度100パーセントの近代文化遺産です。

鉄原の農家に嫁ぎお子さんを育てながらガイドをしているあむさんのブログは、鉄原観光情報が満載で参考になります(現在は休業中?)。単独で近代文化遺産通りを見るのは難しく、あむさんのような個人ガイドにお願いしてみる必要があるかもしれません。

 
もしくはソウルナビが扱っている第二トンネルツアー、コネストのツアーなど旅行会社が扱うDMZツアー(鉄原エリア)で労働党舎がスポットに入っている場合、この通りを通る(と思うので)バスの車窓見学が可能かもしれません。
それと韓国の最北端駅白馬高地駅をおりると、安保ツアーといってシャトルバスで回るツアーがあり(曜日や時間限定あり)、そのバスがこの通りを通ると思います。こちらのツアーは韓国語ツアーガイドと回ります。

建築ってまわりの風景もとっても大切。その場所に自分が立って見ることがとっても重要だと思う、建物それ自体がどうとかこうとかも大切だけれど。
ある先輩の言葉が思い出されました。

 

 


4 Comments
  1. 今回の記事はとても参考になりました。北に近いところは一度も行った事が無いので
    前から気にはなっていたのですが自由に動けないツアーとかは写真も思うように撮れ
    ないので敬遠していました。
    あむさんのガイドのことは以前にHPを見て知っていましたがすっかり忘れていました。
    今はお忙しい様ですが、連絡をしてみようかと思います。9月は家族を連れて行くので
    11月の訪韓でお願い出来たらいいなぁと思っています。

  2. >sucさん
    お役にたてたらうれしいです!ご家族で訪韓されるのですね。11月鉄原とっても寒そうですが、素敵なご旅行になりますように・・・

  3. 初めまして

    11月に鉄原へ行ってきました。
    見ただけでは~と思い、最近復習^^をしています。
    自習部屋を探して、ここに辿りつきました。
    鉄原だけでなく、今までの旅行の総復習の参考に
    させていただきたいです。

    コメントに知り合いの名前を発見し、椅子からずり落ちそうに~
    嬉しい偶然♪

    • まぁささん
      コメントありがとうございます。
      11月の鉄原はいかがでしたか?
      知り合いの方がどなたか気になります~
      これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です