北村・旧具仁会邸

三清洞(サムチョンドン)の正読(チョンドク)図書館から昌徳宮(チャンドックン)へと向かう道。お気に入りの散歩道の一つです。ゆるやかな坂がつらなっていて、ずっと歩いていくと昌徳宮の王宮建築の屋根が幾重にも連なった、美しい景色が目の前に広がります。この風景は、北村八景と呼ばれるソウル市が決めたフォトスポットのひとつで、北村一景といわれています。

 

saka

 

画像左側青線で囲んだ部分は、花洞(ファドン)コゲッキルという坂道です。周辺住民の便宜と、北村を訪れる観光客の増加に対応したバリアフリー化を目的に坂道を削る計画がたてられました。住民や市民団体が坂の保存を求めて立ち上がり、最終的には2013年8月上旬に保存が決定されました(この保存活動ランスキー先生も参加されていました。タモリの坂道本もチェックされている先生、さすがです。)

 

152


 

写真には、花洞コゲッキルを守る北村住民と市民のみなさんありがとうございました!保存を祝う音楽会のお知らせ、とあります。坂道への愛情が伝わる写真ですね。

 


P1175842-1

 


今回紹介するのはその坂道を過ぎて、昌徳宮に向かって歩くとあるこちら。その門構えは、ああ、大きなおうちの門ねと通り過ぎてしまいそうになりますが、中にはとてもユニークな形をした建物があるのですよ。

 


P1175844-1


 

羊の群れ。それにしても中に入っていいのかしら。大丈夫です。ここは韓国のメーカーLGが運営するLGサンナム図書館。1996年に韓国で初めてのデジタル図書館としてオープンしました。電子・科学技術に関する海外の論文約168万部をデジタル化、閲覧を可能にしたことで話題になりました。ただ、そのサービスは2006年以降著作権関連の法律が変わり、現在は提供されていません。代わりに目や耳が不自由な人たちのための読み上げサービスや、科学技術に興味を持てるようにと子ども向けのサイトで多様なコンテンツを提供しているそうです。

 

P1175856-1

 

図書館といっても、本がずらりと並んでいるわけではなく、普通の邸宅です。あ、普通の邸宅ではないですね、この独特なかたち!1967年、韓国近代建築の巨匠金寿根(キム・スグン) が設計した韓国の有名電子メーカーLGの創業者具仁会(ク・インフェ、1907~1969年)の私邸です。


 

P1175853-1


 

1996年に具滋暻(ク・ジャギョン、1924~)LG名誉会長がこの私邸を寄贈、図書館となりました。


 

P1175850-1


 

お宅拝見~という感じで中に入ります。ちょうどお昼時で人気がなく、ホントに入っていいのだろうかなとも思いましたが入りました。木の温かみ。小さいころ訪れた、お金持ちのお友達の家のようなどこか懐かしい雰囲気が漂う家です。

 

P1175847-1


 

外観の奇抜な凹凸からは想像しにくい、こぢんまりとした空間が広がっています。具仁会氏は夫婦二人が老後を静かに暮らせる小さめの家を、と金寿根にオーダーしたそうですが、LG創始者と夫人の家なのだからそれにふさわしいものでないと具仁会氏を説得。地下1階、地上3階建ての建物となりました。


 

P1175846-1


 

石壁にはかわいらしい動物や植物のレリーフが。


 

P1175849-1


 

床面はオンドルでぽかぽかです。これはエアコンでしょうか、オンドル装置でしょうか。ちょっとわかりませんでした。

 

P1175845-1

 


2階からは声が聞こえたので、写真を撮るのはやめました。すばらしい石造りのマントルピースや素敵な立体的な文様の壁が印象的でした。さてまた外へ。
建物の後方に家族一緒の空間を、日当たりのよい南側にそれぞれの部屋を配置。バルコニーに幅をもたせ、バルコニーの間の柱を壁のようにすることで個人の部屋のプライバシーが守られるようになっています。建物はもともとはコンクリート打ちっぱなしで、現在のように白くなかったそうです。

 

P1175855-1

 

シカクとマル。うーん、モダンですね!
図書館を作る案が出た当初、この家を壊してその跡地に新たに図書館を作る計画が持ち上がりましたが、具滋暻名誉会長の反対で建物保存が決まりました。現在図書館で職員らは、元おばあさまの部屋、元クローゼット、元キッチンの部屋などにパソコンを置いて仕事をしているとのこと。
どのあたりまで入っていいものなのか、正直よくわかりませんでした。まあ業務の邪魔にならなければ大丈夫かな??

名誉会長の一言で、金寿根設計の建物がこういう形で残りました。韓国の近現代建築の歴史の中で重要なポジションにいる金寿根。きちんと評価されないままなくなってしまったものも多いので、これからも大切にされることを祈りたいですね。

 

調べたところ、毎週木曜日の午後に図書館見学が可能で約20分の所要だとのこと。サイトから申請する必要があります(要韓国語)。図書館自体は月~金の9時から18時まで。玄関入って右側に総合デスクのようなところがあるので、そこで外国から来たので少し見学してもよいかと聞けば、大丈夫ではないかと思います。




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です