昌信洞・お化け屋敷2

地下鉄1・4号線東大門(トンデムン)駅。今回調べていて初めて知ったのですが、ここは東大門といいながら行政区は東大門区ではなく、鍾路(チョンノ)区なのですね。なるほどなるほど。さて、この駅の2、3番出口の北側に広がるのが昌信(チャンシン)洞です。この街、路地裏や古き良き韓国の街が好きなら、見るものをすべて写真にとってしまいたくなるといっても大げさでないほど魅力にあふれています。2013年5月から7月までソウル歴史博物館で開かれていた「Made in 昌信洞」という企画展には、多くの人が訪れたといいます。日本統治時代採石場だったという断崖絶壁があり、零細縫製工場の密集地、そしてチョッパンといわれる劣悪な住環境の家が集まることで知られている昌信洞。街については、語ることがたくさん!別の機会に詳しく紹介できたらと思います。

 

48717af4d8809f660668a476739d7224_Vh7pbi2t6xq

 

イメージはこちらから。企画展「Made in 昌信洞」の昌信洞散歩の一部です。図下のほうに、?マークが見えるでしょうか。この家は一体?

 

20140223_134235

 

赤レンガタイルの低層住宅が立ち並ぶ坂を上っていくと・・・・

 

P2235882-1

 

ゆるやかな坂を下りるその先に見えてきたのはボロ家。韓国ではミステリーの家、ミステリー空き家と呼ばれていて、結構その存在が知られている古い文化住宅です。

 


P2235881-1

 

ずいぶんと長い間空き家になっているそうですが、日本人が住んでいたんだよと街に住むおじいさんが言っていました。それにしてもここまでよく放置されて残っていたものです。

 


P2235883-1

 

この家が建ったころの昌信洞はどんな風景が広がっていたのでしょう。

 

20140225_211326

 

1960年代の写真。崖の上にある家と下にある住宅群。下の住宅群はぱっと見、日本風。なかなかお金持ち風な家が並んでいるように見えます。ちなみにビデオアートで有名なナム・ジュン・パイク(白南準)はこの街で生まれました。裕福な家庭だったそうです。ひょっとするとこういったおうちに住んでいたのかもしれません?

 

P2235884-1

 

とてものっぽな家で、中はどうなっているのでしょう。いつかなくなって何が建つのでしょうか。名のないただの古い家です。けれども、気になるのです。この家が建った時のまわりの風景が、どんな人が住んでいて採石場をどんな風に見て過ごしていたのか。その後どんな人が住んでいたのか、そしてどうしてこんなになるまで放置のままなのか・・・・
土地の持ち主は、私のそういったやや感傷的な思いとは関係なくクールでドライでな日々を送っているのだろうけれど。

 


 
 


6 Comments
  1. 往時は相当なお金持ちが住んでいたのではないでしょうか?おされなマントルピースがある洋館。もう直せる段階は越えてしまっているようなのがとても残念です。

  2. >ありりんさん
    マントルピースのある洋館、お金持ち具合がわかりますよね~。
    近く壊されて次は何ができるのか、駐車場かな??
    新しい建物がたったとしたら、まわりのヴィラとまったく合わなそうですね…

  3. こんにちは(*^^*)
    その節はソンウ理容院の件で大変お世話になり、ありがとうございました。

    ところでこのミステリーの家!待ってました。
    ちょうどこの家を見た日に採石場の断崖絶壁も見学してきました。
    背景を考えるとその家にかつて日本人が住んでいたのも頷けますね。

    先日、詩人パク•イヌァン氏の作業室であったという日本式家屋を見てまいりました。
    中には入れませんでしたが、やはりこのミステリーの家と同じように長年放置されている感じで、入り口の隙間から覗いた感じでは荒れ放題の状態でした。
    いずれもいつ壊されるかわからないので、また機会があれば見に行ってみたいと思います。

    • あっちゃんさん

      こんにちは。あっちゃんさんのブログで拝見して昌信洞のミステリーハウスの存在を知ったので、こちらこそ大変感謝しております。
      時間がなく採石場はまだ行っておりませんが、近々また行く予定です。
      いい街ですね、あそこは。

      そして、パクインファンとは、もしかして昌慶宮の近くにある日本のいわゆる昭和なアパートみたいなところですか?
      この記事昔書きました。
      http://s.navi.com/seoul/special/5003301/
      違ってたらすみません。

      • そうです!まさにこのアパートです!
        すごい〜(*^^*)2004年に既に記事になさってたんですね。
        私は最近、韓国の友人に新聞の特集記事のようなものを見せてもらい初めて知りました。

        2004年の記事を拝見すると、当時は現役だったんですね。
        もしかしたら洗車されていたオジサマは私が「中に入っていいか」お尋ねした方と同じだったりして(笑)
        今回、玄関には鍵が掛けられ中はゴミが散らかっておりました。
        あの二階の窓から外を見てみたかったです。
        もしかするとこの建物も円仏教の所有なのかな…?なんて思ってみたり。

  4. あっちゃんさん
    その男性が同一人物だとしたら、私は早速訪れて中を見せてもらえないかと頼みたいところですね。放置されている感じなのですね。場所はとってもいいですよね。
    円仏教の所有だったりしたらおしろいですね。カフェドゥマゴは行かれましたか?中の日本家屋の建築様式で建てたという建物も中を拝見してみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です