堤川・大韓通運堤川営業所

忠清北道北部にある堤川(チェチョン)、人口湖である忠州湖があることで知られている小都市です。堤川というと鉄道官舎が少し残っているというイメージ、2016年3月(もう3年前!)に参加したバスツアーで到着したところがこの大韓通運堤川営業所前でした。

移動しなければならなかったので通り過ぎるときにパチリ。

登録文化財第56号なのですね。1941年築と推定されているそうです。解放前までは朝鮮運輸倉庫会社堤川支店の事務棟として使用されていました。花崗岩の壁でいかにも頑丈そうです。

 

現在は食堂として利用されているようです。